home

重要な書類を会社で使い、用途が済んだらそれをきちんと処分するのは常識です。
機密書類の廃棄は会社のサイクルの中でも当然のように行われることであり、業務の一つです。
私たちはこのサイクルが確実に行われるのを常に確認しています。
会社にとって必要な文書などは、あらかじめ社外秘とはんこが押してあることも多く、基本的には必要な人以外は持たず、見せない物です。
最近はチャーター便でまとめて梱包して処分する会社もあって、それを利用する傾向もあると聞きます。
どういう形で処分するかはその会社の判断に任されますが、機密漏えいの危険を防ぐためには、速やかに確実な処分ができる方法を常に模索し、検討していく努力が必要不可欠です。