home

高齢化が進む中、介護業界はいつまでも人手不足です。
働きたいと思う人にとっては、数多くの求人情報から選ぶことが出来る状況です。
ホームヘルパーが良いのか、特別養護老人ホームが良いのか、有料老人ホームが良いのか、はたまたデイケアが良いのか。
同じような仕事に見えても、それぞれ求められている働きは異なります。
自分がどんな風に働きたいのか、よく考えてみることが必要となります。
また、自分の生活スタイルから考えて、働くことが可能かどうかも検討すべきです。
夜勤や早番遅番などがある場合も多く、特に早番は、職場が遠いと始発電車に乗っても間に合わないということもあり得ます。
また、給与面でも注意が必要です。
非常に人の役に立ち、尊い仕事ではありますが、給与待遇面で恵まれているとは言い難いのが現実です。
せっかく求人が多くあるのですから、少しでも条件の良いところを探すことをおススメします。
どの介護の現場でも仕事が大変なのは同じですから、モチベーションを保つためにも、自分の納得できる条件の職場で働いた方が良いでしょう。
もし現場の経験があるのなら、派遣という形もお薦めです。
通常のパートと比べると格段に時給が高く、仕事内容は正規職員よりも限定的であることもあるので、長く正社員で働くよりも、様々な現場を経験したいという時など、派遣で経験を積むのも良いのではないでしょうか。