home

有料老人ホームは人生の最期の時期を過ごすための終の棲家となる場所ですから、どんなホームに入居するかは非常に重要な問題になります。
ホーム選びの際にはホームページやパンフレットなどから情報を集めるのが一般的ですが、それだけでは把握しきれない情報というものもかなりあります。
そこで、契約前に必ず目を通しておきたい書類をいくつか紹介します。
まず、契約前には財務諸表に目を通して経営状況を確認しておきましょう。
財務諸表はほとんどのホームが自社のサイトの中で公開していますので、簡単に閲覧することができます。
中には損益計算書や貸借対照表の読み方が分からないという人もいるかもしれませんが、黒字がでているかどうか、借金がどのくらいあるかなどは簡単に分かるのでぜひとも目を通しておきましょう。
契約前には業者側に重要事項説明書についての説明義務がありますが、ほとんど内容を理解せずに聞き流しているだけという人も多くいます。
しかし、ここにはサービス内容や料金、介護サービスの有無、従業員の情報など、とても重要な情報が含まれているので説明後に自分の目でもう一度確認して内容を確認するようにしましょう。
管理規定についても忘れずに目を通しましょう。
管理費や食費といった各種料金の情報、ホームが提供するサービスの具体的な内容と費用などについて細かく定められていますので、とても役立ちます。